ロバート・デ・ニーロ

映画評

映画評『アンタッチャブル』暗黒街の帝王アル・カポネ摘発に命を賭けた男たち!ケビン・コスナー、ショーン・コネリー他名優陣達が火花を散らす不朽のサスペンス巨編!

舞台は、禁酒法時代のアメリカはシカゴ。 ギャングの帝王と呼ばれたアル・カポネと戦った財務省特別捜査官エリオット・ネスの自伝をもとにした物語。 暴力や賄賂にけっして屈しないアンタッチャブルな男たちを描いた。
映画評

映画評『マラヴィータ』ロバート・デ・ニーロ演じる元大物マフィアとその一家を監督リュック・ベッソンで描くクライム・コメディー

原作はフランスの作家トニーノ・ブナキスタの小説『隣のマフィア』。 これをリュック・ベッソンが監督・脚本でペーソスあふれるクライム・コメディー映画に仕上げた。 製作総指揮にあのマーティン・スコセッシの名がある。
映画評

映画評『レイジング・ブル』ミドル級元世界チャンピオンで実在のボクサー、ジェイク・ラモッタの半生をマーティン・スコセッシ監督が描く名作

数々の試練を乗り越え、1949年、世界チャンピオンに輝くジェイク。 しかし、嫉妬深く独善的なふるまいは、妻ビッキーや弟ジョーイとの関係をしだいに壊してしまう・・・。 ロバート・デ・ニーロが、大幅に体重を増減させるなど迫真の演技でアカデミー賞男優賞を受賞している。
映画評

映画評『RONIN』アクションの巨匠J・フランケンハイマー監督が壮絶な男たちの戦いを描くクライム・アクション!

タイトルは『RONIN』、すなわち「浪人」からきている。 東西冷戦の終結により、よるべを失ったスパイや諜報部員たちになぞらえてのタイトルである。 銀色のケースを巡り、奪い奪われ、敵味方が入り乱れてのサスペンスが繰り広げられる。
映画評

映画評『ヒート』アル・パチーノvsロバート・デ・ニーロ!二人のゴッドファーザー俳優対決!

『ゴッドファーザーPARTⅡ』以来の共演となるアル・パチーノとロバート・デ・ニーロの二大俳優が宿命対決を見せる。 監督のマイケル・マンは1980年代の大人気ドラマ『特捜刑事・マイアミ・バイス』の製作総指揮・監督を務めた人物。
映画評

映画評『ゴッドファーザーPARTⅡ』父と息子の栄枯盛衰を描くシリーズ2作目

この映画では父ヴィトー・コルレオーネ(ロバート・デ・ニーロ)のアメリカ移民から徐々に成り上がっていく青年時代と、ヴィトーの息子マイケルが敵を打ち破りつつもしだいに家族を失っていくという、二つの物語が折り重なって描かれる。
タイトルとURLをコピーしました