マフィア

映画評

映画評『バラキ』マフィアの実態を描いたピーター・マーズのベストセラーをチャールズ・ブロンソン主演で映画化!

ピーター・マーズの原作『マフィア/恐怖の犯罪シンジケート』を映画化したもの。 現役のマフィア構成員だったジョセフ・バラキが、血の掟(オルメタ)を破り、はじめて公聴会で証言したマフィアやコーサ・ノストラの実態を証言したものが基になっている。
映画評

映画評『フェイク』アル・パチーノvsジョニー・デップ!FBI捜査官とマフィアの攻防を描いた実話の映画化!

物語はマフィアの組織に潜り込んだFBI潜入捜査官の実話に基づく。 マフィアのボナンノ一家に6年間の長きにわたり“ドニー・ブラスコ”の変名で潜入し、一家の大量摘発に貢献したFBI連邦捜査局特別捜査官ジョー・ピストーネの手記が原作といえば原作だ。
タイトルとURLをコピーしました