バラキ

映画評

映画評『バラキ』マフィアの実態を描いたピーター・マーズのベストセラーをチャールズ・ブロンソン主演で映画化!

ピーター・マーズの原作『マフィア/恐怖の犯罪シンジケート』を映画化したもの。 現役のマフィア構成員だったジョセフ・バラキが、血の掟(オルメタ)を破り、はじめて公聴会で証言したマフィアやコーサ・ノストラの実態を証言したものが基になっている。
タイトルとURLをコピーしました