ティム・バートン

映画評

映画評『バットマン リターンズ』怪人ペンギン、キャットウーマンも登場!スーパーヒーロー・バットマンの活躍をティム・バートン監督が描くアクションシリーズ第2弾!

鬼才ティム・バートン監督、マイケル・キートン主演の人気シリーズ第2作。 今回は怪人ペンギンやキャットウーマンも登場し、バットマン・ワールドに広がりをもたらす。 前作にも増しティム・バートン独特の世界観が前面に打ち出され、悪役キャラクターの描写に比重が置かれている。
映画評

映画評『バットマン』スーパーヒーロー・バットマンと宿敵ジョーカーの対決を、鬼才ティム・バートン監督、マイケル・キートン主演、ジャック・ニコルソン共演で描く大ヒットシリーズ第1作!

犯罪者がはびこるゴッサムシティ。 そこで犯罪者たちにおそれられる闇の執行人バットマンと、宿敵ジョーカーの対決を、鬼才ティム・バートン監督が描き、大ヒットとなったシリーズ第一弾。 それまで低迷していたバットマン人気が、この作品で一気に復活した。
映画評

映画評『チャーリーとチョコレート工場』ティム・バートンとジョニー・デップの名コンビが、ロアルド・ダールの児童文学を映画化した傑作ファンタジー

原作はロアルド・ダールの児童小説『チョコレート工場の秘密』で、この作品は1971年に一度『夢のチョコレート工場』(メル・スチュワート監督)として映画化されている。 ティム・バートン監督がジョニー・デップとコンビを組んで二度目の映画化となったのが、今作『チャーリーとチョコレート工場』だ。
タイトルとURLをコピーしました