サスペンス

映画評

映画評『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』ひとりの天才少女をリーダーに、高校生犯罪チームが世界を股にかけたカンニング・プロジェクトを仕掛けるクライム・エンタテインメント!

主人公の天才少女をリーダーにして、高校生犯罪チームが頭脳と度胸を武器に、世界を股にかけたカンニング・プロジェクトを仕掛けるスリリングなクライム・テンタテインメント映画。
映画評

映画評『ウエストワールド』科学技術を駆使し、さまざまな時代を体験できる未来型テーマパークで起きたロボットの反乱を描くSFサスペンス!

「ジュラシックパーク」「ER緊急救命室」の人気作家マイケル・クライントンが脚本・監督をつとめ、近年HBOでドラマ化もされた傑作SFサスペンス。
映画評

映画評『深夜の告白』名匠ビリー・ワイルダー監督が保険金殺人を描いたジェームズ・M・ケインの小説を映画化したフィルム・ノワールの傑作

いまもテレビドラマや映画などで綿々と続く保険金殺人を題材にあつかったサスペンスの先駆的作品で、バーバラ・スタインウィックの妖艶な演技が絶賛された。 名匠ビリー・ワイルダー監督が脚本にレイモンド・チャンドラーを迎え、破滅に直面する主人公を自身の回想によって物語を描くという、フィルム・ノワールの原初にして傑作。
映画評

映画評『夜の訪問者』フランスを舞台に、暗い過去から逃れられない男の戦いを「007」シリーズの監督テレンス・ヤングが描くサスペンス・アクション!

チャールズ・ブロンソン主演。 監督は『007/ドクター・ノオ』、『007/ロシアより愛をこめて』、『007/サンダーボール作戦』などで知られるテレンス・ヤング。 脱獄囚であり、その際仲間を裏切った暗い過去を持つ男が、その元仲間たちから狙われ家族の命まで危険にさらしてしまうサスペンス・アクション。
映画評

映画評『ロープ』巨匠ヒッチコックが実際に起きた殺人事件をもとに映画化。アパートの一室で繰り広げられる出来事をリアルタイム進行で描くサスペンス

実際に起きた殺人事件をもとに書かれたパトリック・ハミルトンの小説が、最初にあり、それが舞台化され、巨匠アルフレッド・ヒッチコックが映画化した。 アパートの一室で、登場人物が会話劇を繰り広げ、物語がリアルタイムに展開していくサスペンスで、舞台はこのアパートの一室のみという、まさに舞台向きの作品である。
映画評

映画評『チャイナタウン』ハリウッド2大スター・ジャック・ニコルソン、フェイ・ダナウェイ主演、1930年代のロサンゼルスを舞台にした名作ハードボイルド

名匠・ロマン・ポランスキーによる名作ハードボイルド。 1930年代のロサンゼルスを舞台に、私立探偵が偶然、殺人事件にかかわってしまい、その裏で渦巻く人々の愛憎や変えられぬ悲壮な運命のあやを描いたフィルム・ノワール。
映画評

映画評『バックドラフト』連続爆発放火事件の消火にあたるシカゴの消防士の活躍と、消防士兄弟の絆と葛藤を描くロン・ハワード監督のヒューマン・アクション大作!

アメリカでは消防士という職業は、日本でのそれとは比べ物にならないほどの花形職業である。 その消防士たちの活躍を、消防士兄弟の絆と葛藤のドラマに、連続して起こる爆発放火事件のサスペンスを加味し、迫力の映像と豪華スターの共演で描く、ロン・ハワード監督のヒューマン・アクション大作がこの『バックドラフト』だ。
映画評

映画評『鳥』巨匠ヒッチコック監督が華麗な映像テクニックを駆使して、突然、人間を襲いはじめた鳥たちと逃げ惑う人間たちの恐怖を描いた傑作スリラー!

突然、人間を鳥が襲いはじめるという理不尽な展開が恐怖を呼ぶ、巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督の傑作スリラー。 当時最先端の合成技術など映像テクニックを駆使して、鳥の大軍と逃げ惑う人間たちの恐怖を描き出している。
映画評

映画評『オーシャンズ13』仲間のリベンジのために、奴らがラスベガスに帰ってきた!シリーズ最高傑作のド派手なケイパー(犯罪)・ムービー!

主人公ダニー・オーシャンを中心とした犯罪スペシャリスト集団の活躍を描いたシリーズ3作目。 今回は裏切られた仲間の報復(リベンジ)のために、ラスベガスのホテル王を破滅させるべく活躍するケイパー(犯罪)・ムービー。 ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットをはじめ、シリーズでおなじみの面々のキャストはそのままに、今回の敵役のホテル王はなんとあのアル・パチーノ!
映画評

映画評『レベッカ』巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督。ダフネ・デュ・モーリアの小説を映画化し、アカデミー賞作品賞を受賞した名作

イギリスで名を挙げていたアルフレッド・ヒッチコック監督が、アメリカ・ハリウッドで最初に手掛けた作品となる。 原作はダフネ・デュ・モーリアの小説で、ジョーン・フォンテインとローレンス・オリヴィエが主役として出演のほか、ジュディス・アンダーソンがダンヴァース夫人役で怪演をみせる。 また第13回アカデミー賞で最優秀作品賞並びに撮影賞(白黒部門)の二部門を獲得した。
タイトルとURLをコピーしました