コメディ

映画評

映画評『ラヂオの時間』三谷幸喜映画監督デビュー作!深夜のラジオドラマの生放送中にスタジオで巻き起こる大騒動を豪華キャスト共演で描くドタバタコメディー!

三谷が初めて手掛けたフジテレビの連続ドラマ『振り返れば奴がいる』の脚本が、三谷の意図に反して製作スタッフに書き直され放送された経験から生まれたという。 深夜のラジオドラマの生放送中に、スタジオで巻き起こる大騒動を描くドタバタコメディーで、三谷幸喜の監督デビュー作でもある。
映画評

映画評『ブルース・ブラザース』バンドで稼いで孤児院を救え!クールにキメた黒ずくめ兄弟が歌って踊って壊しまくる大迷惑エンタテインメント!

アメリカの番組『サタデー・ナイト・クラブ』内で人気コーナーだった『ブルース・ブラザース』のキャストとバンドをそのままに、ストーリーをつけて映画化したもの。 その破天荒な内容に加え、ブルース、R&B、ソウルなど各界の著名ミュージシャンがこぞって出演するという豪華さがみどころで、今でもファンは多い。
映画評

映画評『燃えよ!ピンポン』負けたら即死のアングラ卓球大会デスマッチ!笑撃ショット連発のジェットコースター・ピンポン・ムービー!

邦題『燃えよ!ピンポン』がブルース・リーの映画『燃えよドラゴン』のパロディになっているとおり、ピンポンが題材ではあるが、ブルース・リーの映画をなぞったアクション・コメディになっている。
映画評

映画評『チャーリーとチョコレート工場』ティム・バートンとジョニー・デップの名コンビが、ロアルド・ダールの児童文学を映画化した傑作ファンタジー

原作はロアルド・ダールの児童小説『チョコレート工場の秘密』で、この作品は1971年に一度『夢のチョコレート工場』(メル・スチュワート監督)として映画化されている。 ティム・バートン監督がジョニー・デップとコンビを組んで二度目の映画化となったのが、今作『チャーリーとチョコレート工場』だ。
映画評

映画評『少林サッカー』少林拳とサッカーを融合し結成されたチームの快進撃を圧巻の映像で描く痛快爆笑エンターテイメント作品!

香港映画界の異才、チャウ・シンチー監督、脚本、主演の大ヒット作。 破天荒なストーリーもそうだが、サッカーも少林寺拳法も超えた、CGを駆使してのアクションシーンの数々は、観ていて爆笑せずにはいられない痛快エンターテイメントだ。
映画評

映画評『ゴールデン・チャイルド』一千世代に一度生まれ、世界を救う“ゴールデン・チャイルド”が誘拐される。彼を救うのは『選ばれし者』チャンドラー・ジャレル!

『ゴールデン・チャイルド』1986年アメリカ原題:The Golden Child監督:マイケル・リッチー脚本:デニス・フェルドマン音楽:ミシェル・コロンビエ出演:エディ・マーフィ   シャーロット・ルイス   チャールズ・ダンス   ヴ...
映画評

映画評『記憶にございません!』目が覚めたら記憶を失っていた総理大臣が巻き起こすドタバタ劇!三谷幸喜監督・脚本の政治コメディー

三谷幸喜の映画監督作としては8作目。 「現実の政治はこんなに都合よく展開しない」というかたは、これが映画で、ファンタジーで、喜劇であることを忘れている。 本作は三谷幸喜の最高傑作と言っても良い作劇の完成度を誇っている。
映画評

映画評『マチルダ』ペテン師夫婦から生まれた大天才少女が、超頭脳と不思議パワーで悪い大人にお仕置きよ!奇想天外ファンタスティック・コメディー!

原作は『チャーリーとチョコレート工場』のロアルド・ダール。 大天才に生まれた少女が、しかし金儲けにしか頭にない悪徳中古販売業者のワームウッド夫妻には親としてまったくかまってもらえず、逆に邪魔者扱い。 だがマチルダが6歳半のころ、ようやく学校に通うことができるようになるが、その学校の校長もマチルダの親に負けず劣らずの暴君ぶり。 そんな大人たちを、マチルダが超頭脳と超能力でお仕置きする、奇想天外なファンタスティック・コメディー。
映画評

映画評『ムトゥ 踊るマハラジャ』日本にインドブームを巻き起こした、インパクト抜群のロマンティック・コメディ・ミュージカル映画!

オーソドックスな恋愛コメディに、インパクト抜群な長尺のダンス・ミュージカルシーンを織り交ぜ、インド映画独特の色彩感覚でスクリーンに我々を引き込み、日本に一大インドブームを巻き起こした映画。
映画評

映画評『アバウト・ア・ボーイ』独身生活を楽しむ男が12歳の少年と出会い、友情で結ばれ、人生を見つめなおしていくヒューマン・コメディー

ヒューグラント演じる主人公・ウィルは亡き父が残したクリスマス・ソングの印税でリッチな独身生活を楽しんでいた。 後腐れなく付き合える恋愛相手としてシングルマザーを探すウィルは、情緒不安定な母親に悩む12歳の少年マーカスと出会い、人生を見つめなおしていく。 レイチェル・ワイズ、トニ・コレットなど実力派俳優も共演するヒューマン・コメディー。
タイトルとURLをコピーしました