双極性障害

双極性障害で休職中にやったこと、やめたこと

私が双極性障害で休職中にやっていたこと、やめたこと(できなくなったこと)をお話しします。
双極性障害

双極性障害になって、まずどうしたか

私が心身に不調を感じて、まず何をしたかといえば、以下の2点でした。 ・医者に診てもらうこと ・会社を病気休職したこと  当時住んでいた部屋の近所でメンタルクリニックを探して行きました。最初に診てもらったときは「鬱」であると診断され、薬も処方されました。
双極性障害

双極性障害、発症中の各症状

私が双極性障害で発症した各症状です。・極端に気分が落ちる ・朝起きるのがしんどくなる ・寝つきが悪くなる、寝てもすぐに目が覚める ・やたら昼寝するようになった ・わけもなく不安をおぼえる ・浪費するようになった ・体重の増減 ・本が読めなくなった ・偏頭痛
映画評

映画評『羅小黒戦記』

2019年公開の中国アニメーション『羅小黒戦記』のレビューです
映画評

映画評『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

第二次世界大戦期の広島は呉で、のんびりした性格の主人公、すずさんが暮らす日々を丁寧に描いた作品。  前作は評判が口コミで広がり、公開劇場もだんだんと数を増やし、公開開始から一年を超えるロングランヒットとなったのが前作の映画『この世界の片隅に』。
双極性障害

双極性障害の原因

私が双極性障害になった時の状況についてお話しします。私が双極性障害になったのはかれこれ7~8年前になります。原因は、よくある仕事のストレス。当時の私は、とある全国規模の物流会社に勤務していました。神奈川や千葉など関東圏にある複数の物流倉庫勤務や本社勤務など転勤も繰り返し、それは会社から私への好評価だとも感じていました。
タイトルとURLをコピーしました