映画評『ガタカ』遺伝子操作で人の優劣が当たり前になった近未来、一人の反逆者を描くSF佳作

未来世界 未来都市 宇宙船 映画評
スポンサードリンク

『ガタカ』
1997年アメリカ
原題:Gattaca
監督・脚本:アンドリュー・ニコル
音楽:マイケル・ナイマン
出演:イーサン・ホーク
   ユマ・サーマン
   ジュード・ロウ

『ガタカ』イントロダクション

遺伝子学の発達により、生まれたときから知力、体力、何の病気にかかりやすいか、寿命はどのくらいなのかまで識別されるようになった近未来。

当然のようにそこには差別が生まれる。

遺伝子操作により、優れた知能と体力、外見の遺伝子を持つものは「適正者」として社会的に優位な存在として君臨。

いっぽうで自然妊娠で生まれた「不適正者」たちは、「適正者」に劣る存在として、教育課程でも、仕事においても下位に位置づけられた。

ビンセント(イーサン・ホーク)は、「不適正者」として生まれた。

ビンセントの両親は、この遺伝子社会を軽く考えていたのだ。

ビンセントの将来が暗いものであることを予見するデータに後悔し、両親は二人目は遺伝子操作された子供をつくることにする。

それがビンセントの弟アントン(ローレン・ディーン)、「適正者」だった。

ビンセントは子供のころから、弟を含む「適正者」たちの能力を目の当たりにし、コンプレックスの中で生きてきた。

そんなビンセントの抱く夢は、宇宙飛行士になることだった。

だが、その宇宙飛行士も「適正者」にのみ許された職業だった。

あるとき、ビンセントはふとしたことからDNAブローカー(トニー・シャルーブ)と知り合う。

DNAブローカーの仲介でビンセントは、元水泳選手ジェローム・モロー(ジュード・ロウ)の生体IDを手に入れることになる。

ジェロームは金メダル候補選手だったが、海外で事故にあい車いす生活を余儀なくされ、選手生命を絶たれていた。

非常に優秀な「適正者」であるジェロームの生体IDを買い取ることで、ビンセントはジェロームに成りすますことになった。

血液や尿検査の検査をかいくぐり、指紋や毛髪まで偽装し、ビンセントは念願の宇宙局「ガタカ」への就職に成功する。

そして土星行のロケットに乗る宇宙飛行士になることが決まり、出発が間近となったある日、ビンセントの上司が何者かによって殺されるという事件が起きる・・・。

遺伝子操作で人の優劣が当たり前になった近未来、一人の反逆者を描くSF佳作『ガタカ』

アンドリュー・ニコルの監督デビュー作が、遺伝子操作で人の優劣が決まってしまう近未来世界を描いたSF映画『ガタカ』だ。

『ガタカ』は派手なアクションはないし、セットや衣装もレトロな雰囲気の、一見低予算映画に見える。

じっさい製作費は3万6千ドルと、けして大作とは呼べない規模だ。

だが、『ガタカ』の意義はスペクタクル的な映画を見せることではなく、遺伝子操作に代表されるような、来るかもしれない近未来の危うさを文学的に表現することにある。

遺伝子操作による生まれの差別は、将来起こり得るかもしれない差別だ。

遺伝子操作を待つまでもなく、人種、肌の色、年齢、性別による差別は問題視されており、しかも完全解決への道のりはまだ遠いと言わざるを得ないのが、現在の我々の世界である。

主人公のビンセントは、自分を偽り、遺伝子偏重の世の中に紛れ込む。

それは物語としてはビンセントという劣性の「不適正者」の、社会システムへの勝利ではあるかもしれないが、勝者はビンセントひとりでしかない。

『ガタカ』という物語は、遺伝子偏重社会という、近未来ディストピアを描きつつ、一人の反逆者の勝利を描くのみにとどまっている。

もっと尺と予算があれば、ディストピア体制への「不適正者」たちの勝利も描けたかもしれないが、監督・脚本のアンドリュー・ニコルとしては、それがテーマではなかったのだろう。

こちらの作品もどうぞ!
≫映画評『エリジウム』ニール・ブロムカンプ監督により描かれる未来の格差社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました