会社を辞めるとき 退職時に必要な知識

双極性障害
スポンサードリンク

私の場合は病休期間が切れるタイミングで、まだ復活できない状況でしたので退職を選びましたが、世の皆さんはいろんな場面で中途退職を選ぶことになるシーンが考えられます。脱サラや転職などですね。

普通、退職といえば会社との雇用契約を終了することを指しますので、それなりの準備が必要です。

①スケジューリング

 まず第一に、スケジューリングが重要です。肝であると言ってもいいでしょう。
 会社に迷惑をかけないためにも、できるだけ引継ぎは完璧に終わらせたいものです。
 あなたがうまく引き継げないまでも、会社側はあなたに代わる誰かを使って新体制を構築しなければなりません。
 その観点から、たいていは退職の表明は一か月前にはやっておくのが社会的慣例と思われます。法律的には、2週間前だそうですが、私が経験してきた会社ではたいてい一か月前でした。
 また、転職するのであれば、辞めてからつぎの仕事に就くまでの時間をどう過ごすか、どのくらい過ごすのかをスケジューリングしておくと余計なことを考えたり、苦労をせずに済みます。
 会社を辞めてから求職活動をするのか、つぎの職場が見つかってから退職するのか。大きなスケジューリングの要因になると思います。
 有給休暇も残っているかもしれません。その辺も有効に消化できるようにしましょう。

②会社に退社の意向を伝える

 つぎはは会社に辞める意思を伝えることです。上司への相談が第二のステップでしょう。
 できれば円満退社を志すべきです。「今日辞めます」は相手(会社)にしてみれば迷惑千万です。また、同業他社に転職する場など、悪いうわさが伝わらないとも限りません。
 先ほども述べましたが、たいていは一か月前に辞めたいことを伝えるというのが慣例となっています。
 また、会社から引き留めがあるかもしれません。その場合の自分の明確な意思を提示できるかどうかも考えましょう。
 できれば明確な、かつ前向きな意思で退職の意思を表明しましょう。

③退職願を出す

 上司に退職願を出します。
 自分で用意して一から書面を書く必要がある会社もあるでしょうが、ひょっとすると会社で既存の退職願の記入フォームがあるかもしれません。
 無駄な労力をできるだけ避けるためにも、そのあたりも上司に相談して確認を取るとよいでしょう。  

④業務の引継ぎ

 ①でも述べましたが、仕事の引継ぎを退職までの間に済ませましょう。
 後任の方がすぐ決まればその方とやり取りをすることになるでしょうし、すぐに後任が決まらない場合もあるでしょう。
 そのために、自分がやっていた業務の内容・目的・フローを「引継ぎノート」などを作ってまとめて引き渡すようにするとよいでしょう。
 あなたがこれまで培ってきたノウハウ、関係者リスト、トラブル事例なども併せて明文化すると、後任が困らずに済みます。
 これは自分が引き継がれる立場になって考えれば、何を残すべきか見えてくると思います。

⑤退職のあいさつ

 お世話になった方々へのあいさつを忘れないようにしましょう。
 例えば取引先の方は、担当が変わることで不安になられるかもしれません。
 その不安を払しょくするためにもきちんとごあいさつに伺ったほうが良いです。
 そんなのいないよ、という場合でも、同じ部署の同僚などにきちんと退職の情報を伝達するなど、することはあると思います。

⑥事務手続き

 中堅~大企業だと、人事部など人事担当の部署があると思います。
 小さな会社で人事も社長さんが一人でやっているようなところだと求められないかもしれませんが、企業年金や社会保険など、何かしらの事務手続きは発生します。
 また、退職後に失業保険をもらいたい人は、会社から離職票を発行してもらう必要がありますので、これも確認しておきましょう。

⑦退職

 自分のデスクや作業場はすっかり片付いたでしょうか。
 私物は残っていませんか? 作業着など会社に返却が必要な衣類はちゃんとクリーニングして返却しましょう。
 見送ってくれる上司や同僚に別れを告げたら、きれいさっぱり退職です

⑥退職後

 一か月以内に次の職場に就くのであればほとんど必要ないのですが、それ以上間が空くのであれば、企業年金や健康保険を、国民年金や国民健康保険に切り替える必要があります。
 自分の住む市町村の役場に行って手続きをしましょう。
 また、失業保険手続きはハローワークになりますが、支給は失職後3か月後からとかですので、気を付けましょう。

⑦退職金は?

 これは会社の規定によるので、一概に出るとも出ないとも言えません。
 きちんと勤めた期間に応じて積み立てられていく企業もあれば、最初から退職金の制度がない会社もあります。
 何も言わないと出さないでしらばっくれる会社もあるとかないとかなので、退職前にきちんと確認しておいたほうがよいでしょう。

さて以上、私の体験を含めた、わりとスムーズに退職するパターンを書いてきました。

最近では、自分から会社に辞めると伝えられない人やブラック企業から抜けだすための「退職代行サービス」なるものもあるようですね。

皆さんが実際にどのような辞め方をするにしても、悔いの残らないようお祈りします。


こちらの記事もどうぞ
≫仕事ができない上司とのつきあい方

コメント

タイトルとURLをコピーしました