書評

書評

書籍『複業の教科書』人生もお金もひとつの会社にゆだねている人に取り返しがつかなくなる前に読んでほしい

『複業の教科書』 2018年初版 西村 創一朗 著 この本はこんな人に読んでほしい! ○今の仕事がなんとなく辞めたい・身が入らない ○転職を考えているけど踏ん切りがつかない ○ズバリ副業に興味がある ・・・失敗しない「副業」の考え方の指南書。
書評

書評『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』

今回は、英語の勉強を始めたばかりの人や、英語学習につまづいている人のために書かれた、ちょっと面白い本を紹介します。この本には、難しい文法の専門用語はいっさい使われていません。英語を、感覚的にわかるようになるために最低限必要なことが、たくさんの図入りで説明されています。英語の基本の基本のルールが書かれているのです。
書評

書籍『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』働き方・生き方を思想から改革する

これから人生は長寿化社会となり100年人生を迎える。これまでの「教育→仕事→引退」というロールモデルが変化する。人々は仕事で消耗しないように、改めて教育を受ることや、人的ネットワークを広げることに時間や労力を投資する必要が発生する。それは人が「自分らしい生き方」を獲得するチャンス。100年人生が厄災ではなく、恩恵となる。
書評

書籍紹介『臆病者のための億万長者入門』金融業界の不都合な真実をすべてのひとに

私は臆病者です。億万長者にもなれるものならなってみたいです。読んだ内容は、説明を受ければ至極まっとう、論理的でした。著者の結論はオビにすでに書いてあります。“金融機関の「ウマそうな話」はすべて無視!”この本はこれから無駄にお金を失わないための、これからの資産運用知識、金融リテラシーが書いてあります。
書評

書評『メモの魔力』人生を効率化し、夢をかなえる本

『メモの魔力』とは SHOWROOM株式会社代表取締役にして社長の前田裕二さんの著作です。前田さんは他にもテレビのコメンテーターやラジオのパーソナリティーとしても活躍されています。この本は単なるメモの取り方のHOW TO本ではなく、メモを取ることによって人生を効率化し、夢をかなえる生き方の指南書として書かれています。
双極性障害

書評『うつ時々、躁』双極性障害、寛解に向けて歩むエッセイ

2019年1月初版 ある日突然、うつと診断され、その7年後、双極性障害とわかる。 筆者の体験をもとに、薬との付き合い方、子育ての悩み、医療者とのかかわりなど具体的につづったエッセイ。 この本を読んでいてとても他人事とは思えなかった。 初期のうつとの診断が、数年後双極性障害と診断が変わったこと。
双極性障害

書評『これだけは知っておきたい双極性障害』

双極性障害で悩んでいるあなた。病院に行こうかどうか悩んでいるあなた。双極性障害で通院中だけれども、病院の先生にちょっと質問ができない・・・うつだと診断されたんだけど、どうも違うんじゃないかと思っているあなた。双極性障害についてもっと知っておきたいあなた。そして病気ゆえに本を読むにも心と体が重いあなた。
タイトルとURLをコピーしました