精神障害者保健福祉手帳とは?(うつ、双極性障害)

双極性障害
スポンサードリンク

福岡に帰ってきて休職してから、調べているうちに、「精神障害者保健福祉手帳」というものがあることを知りました。

これは精神障害のため、長期にわたって日常生活や社会生活への制約がある人を対象とした手帳です。

実際に私は3級の手帳を交付され、活用しています。

以下に簡単ですが概要を記しますので、ご参考になれば幸いです。

①精神障害者手帳の対象者

 ・統合失調症
 ・うつ病、躁うつ病(双極性障害)などの気分障害
 ・てんかん
 ・薬物やアルコールによる中毒精神病
 ・高次脳機能障害
 ・発達障害(自閉症、学習障害、注意欠陥多動性障害)
 など

②等級について

 障害の状況によって1~3級まで等級が分かれます。
 1級…精神障害であって日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
 2級…精神障害であって日常生活が著しい制限を受けるか、または日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
 3級…精神障害であって日常生活もしくは社会生活が制限を受けるか、または日常生活もしくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの
 
 となりますが、実際にその判定基準はかなり複雑で、ここでは割愛いたします。
 詳しくはこちらのリンクから
 https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00ta4615&dataType=1&pageNo=1

③交付のメリット

・障害者雇用での就職・転職活動ができる
 障害者雇用促進法という法律があり、45.5人以上の従業員を雇っている一般事業主は、従業員の2.2パーセント以上、障害者の労働者を雇用しなければなりません。この雇用率を達成していない事業主は国に一定のお金(障害者雇用納付金)を納付しなければなりません。逆に雇用率を達成し、かつそれ以上の雇用数であれば国から障害者雇用調整金が支給されます。

 これにより企業は障害者の雇用をすすめていますが、この雇用率に算定されるのは障害者手帳を持っている人のみです。ですから、障害者手帳を持っていると、就職を目指すとき、一般採用だけでなく、障害者雇用での募集にも応募できますから、選択肢が広がります。

・等級によって所得税・住民税・自動車税などが軽減される
 納税者か、控除対象配偶者や扶養家族が精神障害者保健福祉手帳を交付されていると、所得金額から等級に応じて一定の金額控除を受けることができ、所得税や住民税が軽減されます。控除については障害者手帳の等級によって金額が変わってくるので確認が必要です。手続きは年末調整か確定申告で行います。ほかにも相続税や贈与税でもさまざまな特例が受けられます。

・さまざまな公共料金の割引サービスが受けられる
 鉄道やバスなど、公共交通機関の運賃割引サービスがあります。私もバスや地下鉄が半額になるので外出の際は重宝しています。
 また、博物館や美術館、動植物園、映画館の入場料が安くなります。私の場合は映画館の鑑賞料が1000円になったりするので、これもよく使っています。
 ほかにも自治体によっては、タクシーの利用券の交付をしていたり、ガソリン代の助成をするところもあります。

 NHKの放送受信料は、世帯の状況によりますが、半額割引と全額割引があります。

 携帯電話各社も割引サービスを設定しています。 

④申請方法と必要書類

 手帳交付の条件はその精神疾患の初診から6カ月が経過していることです。また申請したからと言って必ず交付されるものではありません。障害者手帳の交付にあたっては掛りつけのお医者さんと相談されることをお勧めします。
 申請は役所か保健所の窓口になります。自治体によって異なるようですので、あらかじめ電話などで確認されるとよいでしょう。

○必要書類
1.申請書(窓口でもらえます。自治体によってはホームページからダウンロードもできるようです)
2.診断書(精神障害者保健福祉手帳用)または障害年金証書の写しなど
3.顔写真(手帳に貼ることになります。縦4㎝x横3㎝の場合が多いです)
4.マイナンバーカードかマイナンバー通知書

以上を提出し、申請となります。
審査期間が1か月ほど(4カ月かかることもあるそうです。私の場合は1カ月で済みました)あり、審査が下りると手帳が発行されます。
 精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)は有効期限が2年です。
 3か月前から継続の申請ができます。その際に必要な書類もほぼ上記と同じですが、最初に発行された手帳を引き続き使用するので、写真の用意は不要になります。

⑤デメリットは?

 これに関しては、手帳が交付されたことでレッテルを貼られたと本人が感じ、抵抗感があるかどうか以上のことは言えないのではないでしょうか。
 障害者手帳をもっているからと言って、世間様にそれを公表されるわけでもありませんし、プライバシーは守られます。
 交付によって受けられるサービスが必要であれば、取得してよいものだと私は思います。制度は利用すべきです。
 私自身、3級の手帳を取得していますが、なんらデメリットを感じておりません。

⑥まとめ

 精神障害があることで日常生活や社会生活に制約があったり、経済的・精神的な負担を感じている方は、手帳によるサービスやサポートを受けることを検討してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もどうぞ
≫うつで自立支援医療制度を受ける(双極性障害)

コメント

タイトルとURLをコピーしました