双極性障害、発症中の各症状

双極性障害
スポンサードリンク

私の双極性障害(最初は鬱と診断されたんですが)の症状は、主に以下の通り。

・極端に気分が落ちる
・朝起きるのがしんどくなる
・寝つきが悪くなる、寝てもすぐに目が覚める
・やたら昼寝するようになった
・わけもなく不安をおぼえる
・浪費するようになった
・体重の増減
・本が読めなくなった
・偏頭痛

 順番にお話しします。

・極端に気分が落ちる
 もう、ズウ~ン、とですね、音が聞こえるんじゃないかってくらい落ち込みます。
 そして何もできなくなります。脳みそが泥の中に沈み込んだような、もがこうにももがくことすらできない、体と思考が重くなります。
 表情も変わったと思います。まぶたは重く、口はへの字。表情に乏しく、状況変化にも反応が鈍くなる。

・朝起きるのがしんどくなる
 前の夜、飲み会なんかでどんなに遅くなっても、朝の6時には目を覚まして、会社に行く準備にすっと取り掛かれたんですが、具合を悪くしてからは、目を覚ますのもつらくなりました。
 いや、目は何となく覚めるんです。けど、体が起きようとしない。
 なんとなく意識は「起きなきゃ・・・」と思ってるんですが、30分くらい布団の中でもぞもぞして、ようやく起き上がることができる。
 これまでは起きたらラジオ体操して、軽く筋トレとストレッチして、朝食の準備して・・・と習慣でできていたんですが、これもかろうじて朝食を摂るのがやっとになってしまいました。

・寝つきが悪くなる、寝てもすぐに目が覚める
 朝起きるのがつらいなら、早めに寝たらいいじゃないの、て思いますよね。
 思いました。
 で、それまで夜12時くらいに就寝していたのを、10時半には床に就くようにしました。
 部屋を暗くして、布団に入ってじっとしてるんですが、ちっとも眠くならないんですよ。
 ウトウトしてもすぐに目を覚ましてしまう。
 メンタルクリニックで睡眠導入剤を処方してもらってようやく、2~3時間眠れるようになりました。
 睡眠導入剤も、一晩全部ぐっすり眠れるわけではないんですよね。効き目はそんな程度です。
 睡眠導入剤を服用するようになって気が付いたことがあるんですが、それまで、しょっちゅう夢を見ていたんですね。これは子供のころからずっとそうだったので、寝たら夢を見るのは当たり前と思っていたのですが、睡眠導入剤で寝たら、完全に意識が落ちるといいますか、夢まで見なくなりました。
 少しは眠れるようにはなったのですが、朝がつらいのは変わりませんでしたね。

・やたら昼寝するようになった
 仕事をバリバリやっていた時も、お昼休みに20~30分くらいの昼寝はしていました。
 そしたら午後の仕事もシャキっとできましたので。
 休職してからですね。日中帯でも気が張ることがなくなったからだと思いますが、やたらと昼寝するようになりました。
 前述の寝つきが悪くなった=睡眠の質が悪くなったこととも関係があるでしょうね。
 昼間テレビを見ていても、本を開いていても、すうっと睡魔が襲ってくる。
 昼寝時間はまちまちで、1時間の時もあれば3時間の時もありました。

 
・わけもなく不安をおぼえる
 これは恐怖体験ともいえるものですね。
 ほんとにふっと沸いたように不安感がこみ上げてくる。
 何が不安といって、休職中ともなれば仕事の心配はないはず。しいて言えば、「鬱が治らなかったらどうしよう・・・」ということですかね。しかしそのことも、なるだけ考えの外に置くようにしていました。
 それでも、ふとしたタイミングで不安感が襲ってくるのですよ。
 よくわからないもやもやの雲が、頭の中でグルグルしだす。
 そしてその不安感の原因というか、正体がはっきりしない。
 芥川龍之介いうところの「ただぼんやりとした不安」とは、こういうものだったのかもしれないと思いました。 

・浪費するようになった
 気が付くと、就労中より無駄遣いをしていました。
 休職して時間ができたせいもあるのかもしれませんが、いろんなものが目につくようになり、欲しくなると買ってる。途中で預金通帳を見て「あっ」と自分で気が付いたのですが、ストッパーが外れていたな、と。
 自分の場合は、文房具とギターでした。
 文房具は使わないのに、よさげだと買っちゃう。
 ギターも、買っちゃう。
 文房具はともかく、それなりの値段がするギターをポンと買っちゃうのは、いま振り返るとどうかしている。
 実家への引っ越しを機にギターの本数を数えたのですが、二十数本になっていました。
 引っ越しを機に、これもまた身を切るような覚悟だったのですが(笑)、選びに選んで半分くらいは売り払いました。

・体重の増減
 仕事で忙しくして、ご飯をちゃんと取らなかったせいで、まず体重が激減しました。
 50キロくらいまで減って体調を完全に崩し、体力がなくなったところでメンタルクリニックに掛ったわけですが、そこから三度三度のご飯はちゃんととるようにしました。
 それで体重戻るかなと思ったのですが、今度は急に体重が増えました。
 晩酌も続けてましたし不摂生かなと思ったのですが、メンタルクリニックで処方してもらった薬を服用していた副作用もあるかと思います。
 1カ月で20キロ体重増しました。
 これはイカンと食事制限したりお酒控えたり運動始めたりしたのですが、今度はなかなか減らない。
 まだ運動が足りないのでしょうけど、薬を飲んでいるので肝臓に負担がかかっているのもあるでしょうね。

・本が読めなくなった
 これも不思議といえば不思議な体験でした。
 本を読んでも、内容が頭に入ってこなくなったのです。
 文字面は追えるのですが、意味が頭に入ってこない。するっと脳の表面を滑って抜けていく感じ。
 もともと本は好きで、月に10冊は文庫や新書を読みとばしてきた身としては、これもまた恐怖体験に近いものがありました。
 喪失感とでも言いますか。
 こうなってからは、本を一冊読むのに、これまでの10倍以上の労力が必要になりました。
 漫画はそれまで通り普通に読めましたね。

・偏頭痛
 これが物理的に一番困ったことでした。
 とにかく朝起きたら偏頭痛、雨が降ったら偏頭痛、台風が来たら偏頭痛、大きく気温が変わると片頭痛。
 仕事での強いストレスで片頭痛が起きると思っていたので、休職しても偏頭痛が起きるのには困りました。
 メンタルクリニックで頭痛の症状を言っても、専門違いということで頭痛薬を処方してもらえなかったので、近所の内科に行って処方してもらい飲んでいました。
 のちのち、しょっちゅう内科に行くのも大変だしめんどくさくなったので、ストレッチや耳のツボマッサージとかで頭痛を和らげる方法を模索しました。頭痛時のストレッチは今でも続けています。個人的には、首筋を伸ばしたり、肩を回して肩甲骨を動かすストレッチが効いていますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました