2021-10-22

映画評

映画評『麗しのサブリナ』主演オードリー・ヘプバーン。大富豪の兄弟と、運転手の娘サブリナとの恋の騒動を描くビリー・ワイルダー監督の傑作ロマンティック・コメディー。

『ローマの休日』で大成功を収めたオードリー・ヘプバーンが次回作として出演した作品。 アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞し、細身のオードリーにあわせて作られたズボンが「サブリナパンツ」と呼ばれて大流行するなど、大ヒットを記録した。
タイトルとURLをコピーしました