2021-07-26

映画評

映画評『ボーン・アイデンティティー』マット・デイモンが、記憶を失い、自分が何者なのかを探し求めながら、命を狙う組織と対決する主人公を迫力のアクションで演じ、大ヒットとなったシリーズ第1作!

ロバート・ラドラムのスパイホラー小説『暗殺者』をマット・デイモン主演で映画化。 記憶を失った主人公が、自分が何者なのかを探し求めながら、命を狙う組織と対決する大型サスペンス。 マット・デイモンの迫力のアクションが好評。
タイトルとURLをコピーしました