2020-06-05

映画評

映画評『アメリカン・グラフィティ』ジョージ・ルーカスの出世作!数々のヒット曲で彩られた一夜の青春群像劇

1962年のカリフォルニアの小さな田舎町を舞台に、高校を卒業した若者たちが、一緒に過ごす最後の夜を描いた青春群像劇。 この作品は大ヒットし、当時29歳だったジョージ・ルーカスの出世作となった。
タイトルとURLをコピーしました