映画評

映画評『マトリックス』キアヌ・リーブス主演、驚異のVFX(視覚効果)によるかつてない映像表現が話題となった近未来アクション超大作!

トーマス・アンダーソンこと凄腕のハッカー・ネオは、世界に現実感が抱けなかった。 この世界は実は夢なのではないか? ある日ネオはトリニティという謎めいた女性に巡り合い、モーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)という男に出会う。
映画評

映画評『ザ・シューター/極大射程』大統領暗殺計画阻止の依頼、しかしそれは罠だった。逃亡犯となった天才スナイパーの孤独な反撃!怒りの弾丸が巨悪を裁く壮絶バトルアクション!

主人公は凄腕のスナイパー、となれば、『山猫は眠らない』シリーズを彷彿とさせるが、原作はスティーヴン・ハンターの人気シリーズ「スワガー・サーガ」の第一作目『極大射程』。 これを現代版にアレンジしたもの。 元アメリカ海兵隊の天才的スナイパー、ボブ・リー・スワガーが大統領暗殺計画に巻き込まれその真相を暴いていくアクション巨編。
映画評

映画評『バットマン フォーエヴァー』前2作からスタッフ・キャストを一新したスーパーヒーローのシリーズ3作目!バットマンを演じるのはヴァル・キルマー。共演はトミー・リー・ジョーンズ、ジム・キャリー。

いよいよ3作目となるバットマンの映画シリーズ、今作ではこれまで監督をつとめたティム・バートンが製作に回り、あらたに監督をジョエル・シュマッカーが務めた。 それにともない主人公のバットマン役も、マイケル・キートンからヴァル・キルマーに交代、スタッフ・キャストが一新することとなった。
映画評

映画評『バットマン リターンズ』怪人ペンギン、キャットウーマンも登場!スーパーヒーロー・バットマンの活躍をティム・バートン監督が描くアクションシリーズ第2弾!

鬼才ティム・バートン監督、マイケル・キートン主演の人気シリーズ第2作。 今回は怪人ペンギンやキャットウーマンも登場し、バットマン・ワールドに広がりをもたらす。 前作にも増しティム・バートン独特の世界観が前面に打ち出され、悪役キャラクターの描写に比重が置かれている。
映画評

映画評『バットマン』スーパーヒーロー・バットマンと宿敵ジョーカーの対決を、鬼才ティム・バートン監督、マイケル・キートン主演、ジャック・ニコルソン共演で描く大ヒットシリーズ第1作!

犯罪者がはびこるゴッサムシティ。 そこで犯罪者たちにおそれられる闇の執行人バットマンと、宿敵ジョーカーの対決を、鬼才ティム・バートン監督が描き、大ヒットとなったシリーズ第一弾。 それまで低迷していたバットマン人気が、この作品で一気に復活した。
映画評

映画評『エージェント:ライアン』天才分析官ジャック・ライアンが突き止めたのは史上最悪の経済テロ計画!若きライアンの激闘を描く次世代スパイアクション!

物語の成功に欠かせない要素が一つあるとすれば、それは魅力ある主人公の存在だ。 トム・クランシーのベストセラー・シリーズのジャック・ライアンもその一人。 アメリカ海兵隊出身でCIAの情報分析官・・・国家の危機を救ってきたヒーローだ。
映画評

映画評『ボディガード』ホイットニー・ヒューストン、ケビン・コスナー共演!ショー・ビジネス界の歌姫と警護を担当するボディガードとの恋を描き、主題歌も大ヒットとなったラブ・サスペンス!

映画は見たことなくても、「えんだ~」で誰もが聞いたことのある主題歌が有名。 ショー・ビジネス界の歌姫と、彼女を警護するボディーガード。 ボディガードは彼女の歌声に魅了され、彼女は謹厳実直な彼に信頼を置くようになる。 歌姫の役を歌手のホイットニー・ヒューストンが演じたことでも話題になった。
映画評

映画評『シャイン』オーストラリアの天才ピアニスト、デビッド・ヘルフゴットの波乱に満ちた半生を描く、実話をもとにした感動作!ジェフリー・ラッシュがアカデミー賞男優賞を受賞した

実在のピアニスト、デビッド・ヘルフゴットの半生を描いた作品。 主演のジェフリー・ラッシュは、第69回アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、第50回英国アカデミー賞で主演男優賞を受賞した。
映画評

映画評『ハンコック』ウィル・スミス演じる、嫌われ者のヒーローが、人々から愛される“真のヒーロー”を目指し成長していく姿を描いたアクション・コメディー!

自由自在に空を飛び、怪力を持ち、銃弾も通用しない不死身の男『ハンコック』。 彼は街の平和を守りながらも、そのルーズな生活態度と、たび重なる破壊行為のために、街の住民たちからは厄介者扱いされていた。
映画評

映画評『アンタッチャブル』暗黒街の帝王アル・カポネ摘発に命を賭けた男たち!ケビン・コスナー、ショーン・コネリー他名優陣達が火花を散らす不朽のサスペンス巨編!

舞台は、禁酒法時代のアメリカはシカゴ。 ギャングの帝王と呼ばれたアル・カポネと戦った財務省特別捜査官エリオット・ネスの自伝をもとにした物語。 暴力や賄賂にけっして屈しないアンタッチャブルな男たちを描いた。
タイトルとURLをコピーしました